メインコンテンツに移動

テレワークの所感(入社4ヶ月)

初めまして。新卒入社のNです。16日の方とは別人です。東京本部のシステム開発部で働いています。

さて、僕以前の方も書いているように現在はテレワークを行っており、自宅のPCから会社のPCにアクセスして作業を行っています。

コロナウイルスの流行から始まったテレワークではありますが、収束の時期は見えませんし、弊社では今後も続けていく方針のようですので、入社を検討中の方にも関係してくる話だと思います。

ということで今回はテレワークをしてみて感じたことの話をしようと思います。

******************************************************************************

リモート会議
テレワーク

テレワークのメリット

・通勤の移動がない

出勤も退勤も勤怠管理システムでワンクリックすればOK。1日の作業を報告すればすぐに家事や趣味の活動に移ることができます。僕は会社から1時間くらいのところに家を選んだので、単純計算で日に2時間分浮いたと言えるでしょうか。フレックスタイム制が採用されていることもあり、かなり自由に時間を使えていますね。

 

・服装が自由

毎朝「Meet」という通話ができるアプリで朝礼をしたり、同じ作業チームの先輩とミーティングを行ったりしていますが、顔は出しません。つまり基本的に一日中誰とも顔を合わせず業務を行う事が多多あります。弊社は元々服装が緩めだそうですが(入社直後からテレワークの為、あまり知らないんです)、リモートなら(良くも悪くも)寝ぐせ頭ですら作業できます。

 

・質問がしやすい

これは対面環境を体験していないのでなんとも言えませんが、メールやチャットですぐに質問、連絡できるのはとても嬉しいです。口頭だと相手の作業状況を窺ったり、文章が推敲できなかったりと質問をするまでに考えることが出てしまいます。報連相は大事!という話はよく聞くかと思いますが、心理的ハードルが低く「とりあえず投げちゃえ!」というようにできるのはビビリな僕にはとても向いています。

必要であればMeetで画面を共有しつつ通話もできます。

テレワークのデメリット

・環境が個人に依存する

僕の作業環境についてお話ししますと、80*130cmくらいのサイズの座卓にPCを置き、座布団とクッションと家の壁を座椅子代わりにして作業しています。これでも今のところ腰痛や肩が凝るといったことはないのですが、会社の環境と比べると間違いなく悪いでしょう。もう少ししたらPC+ディスプレイが支給されるようですが、支給されたら机が狭くなるのでこれを機にちゃんとした机と椅子を検討中です。

 

・自律性がより重要になる

これをデメリットと書く時点で不真面目すぎるといわれるとぐうの音も出ないのですが、なんせ家で作業しているので、趣味のものが近くに置いてあったり他人の目がなかったりと、集中力を乱す要因は間違いなく会社よりも多いでしょう。

なんならグースカ寝ててもバレないわけです。すぐには。多分。(寝てないですよ、ちなみに!!)

 

・細かい質問がしにくい、、、かも

先ほどとは真逆のことを言っていますが、経費等の申請の仕方や文章の解釈の確認など、チャットをするにも逆に手間がかかるような小さい質問は意外とあります。

これが対面環境なら先輩が通りがかったときに、とか お昼ごはんの時に、とか できたんだろうかと思ったりします。どうなんでしょうね?

まとめ

 

リモートしか経験していないので出社しての業務と比較はできませんが、元から家にいるのが好きなこともあり、個人的にはリモートワークへの不満はあまりありませんし、便利で良いものだなと思います。

先輩社員のサポートも手厚いので何もわからないまま放っておかれるということもありません。

今回の内容は僕個人の一例に過ぎませんが、これを読む皆さんのお役に立てばと思います。

 

******************************************************************************

次回はSI部のFさんです。今まではみんなシステム開発部だったので、また新しい話が聞けるのではないでしょうか?